はじめに

supplement

はじめまして。現役薬剤師の管理人です。

こちらのサイトではサプリメントバイブルということで、サプリメント成分の効果・効能、サプリメントの基礎知識についてご案内していきたいと思います。

ご愛顧いただければ幸いです。

管理人

[参考サイト] サプリメント比較
[参考サイト] ヒアルロン酸比較
[参考サイト] グルコサミン比較
[参考サイト] コンドロイチン比較
[参考サイト] ヒアルロン酸

潜在的ビタミン欠乏症・古典的欠乏症と欠乏の段階

supplement

現代のようにもののあふれた時代に、ビタミンの欠乏症なんてあり得ないと思っている人も多いでしょう。

しかし、さまざまな社会的、環境的要因でビタミンやミネラルは失われているのです。ビタミン不足にも程度があります。脚気(かっけ)や壊血病(かいけつびょう)など、重度のビタミン欠乏症は、放っておくと死に至ります。これらはビタミンの発見のきっかけになった病気で、いわば「古典的」欠乏症です。

このような重い症状に至るまでのビタミン欠乏を、M・ブリンは5段階に分けました。

第1段階

組織中のビタミンの蓄積が減り、尿への排出量も減る。

第2段階

生化学的な段階で、ビタミンを必要とする酵素の働きが低下。

ビタミンには、体の中で行われる化学反応の仲介をする酵素を補う補酵素としての役割がある。

例えばビタミンB1の量が不足すれば、赤血球の中のトランスケトラーゼという酵素の働きが悪くなる。

逆にいえば、ビタミンB1の潜在的な不足はこの酵素の働きを測定すればわかる。

しかしこの段階では、まだ症状として何も現れないので、病院でトランスケトラーゼの検査を受ける機会はまずない。

第3段階

不眠、眠気、いらいら、食欲不振など生理学的な症状が現れる。また、胸痛・腹痛、人格の変化、原因不明の発熱、下痢、慢性疲労、夜間によく汗をかくという症状のことも。

この段階で、やっとビタミン不足が症状として現れるが、それぞれの症状からどのビタミンが不足しているかまではわからない。

つまりこの段階では、ビタミン欠乏が疑わしくとも、一通りのビタミンの検査をしないと、どのビタミンが欠乏しているのかわからない。

第4段階

この段階になると、症状は臨床段階になり古典的欠乏症のいろいろな症状が現れる。

RDA(推奨1日摂取量)が基礎にしているのはこの段階。この段階になって、やっと病院でも特定のビタミンの検査をすることになる。

第5段階

最終段階。体のダメージもひどくなり、そのまま放っておくと死亡する。

これら5段階のうち第3段階までは、ビタミンの「潜在的」欠乏と呼ぶべきもので、今まで問題にされなかった状態です。

第3段階で症状が出はじめますが、病院に行っても、通常の検査ではどこも悪いところは見つからないのですから、気のせいとか精神的な問題にされてしまい、ビタミン不足を疑うということはまずありません。

例え医師がビタミンの不足を疑ったとしても、ただ単にビタミンの血中濃度を測定しただけではあまり意味がありません。

ビタミンは、適切な場所で適切に働いているかどうかが重要なので、血液中にどのくらいあるかという数値にあまり意味はないのです。

ビタミンB1なら赤血球の中にある酵素(トランスケトラーゼ)の働きを調べなければ、その潜在的な不足はわからないのです。

第3段階で現れる不眠、眠気、いらいら、食欲不振などは、現代人にはおなじみの症状です。こうしたおなじみの症状で第3段階の欠乏が疑われるのですから、第1、第2段階を含めた潜在的ビタミン欠乏症の人
は相当多数いると推測できます。

パニック障害と診断され、治療を受けていた患者が、実はビタミンB群の潜在的な欠乏症で、ビタミンB群を与えることで、劇的によくなったという例が報告されています。

このように、別の病気と診断され、治療を受けていた人が、実は単にビタミンの潜在的欠乏症だったということもあるのです。

なぜサプリメントが必要なのか

supplement

サプリメントは、「補うもの」ですから、毎日の食事で、毎日の活動に必要なものが摂れていれば不要です。

しかし現実には、そういう生活を送っている人は皆無です。

現代の食生活を考えてみましょう。朝食を摂らない、昼はファストフードや菓子パン、夜はビールにおつまみかコンビニ弁当、その合間に缶コーヒー、といった人が多くなっています。

これではカロリーは摂れてもそのカロリーをエネルギーに変えるための栄養素であるビタミンやミネラルが不足します。

使われないカロリーは蓄えられるか、体の中で単なる邪魔者にしかなりません。

炭水化物、脂肪、タンパク質を多量栄養素といいます。量を多く摂る栄養素だからです。これに対して、ビタミンやミネラルを微量栄養素といいます。

多量栄養素に比べて量が少ないからそう呼ばれますが、この微量栄養素なくしては、多量栄養素はエネルギーにも体をつくる材料にもなりません。

微量でも重要な栄養素なのです。現代人にはこの微量栄養素が不足する食生活をしている人が多いのです。

私たちはさまざまな汚染物質に囲まれています。屋外の大気汚染ばかりでなく、屋内でもホルムアルデヒドなどの化学物質にさらされています。

また電磁波にもさらされていますし、飲料水も安心できません。

食べ物にも、水銀や鉛などの重金属やPCBなどの化学物質が微量ながら含まれています。

こうした不自然な環境の中で、不自然な活動をしているというのが、現代人の生活です。

また、こうした化学的、物理的なストレスにさらされている者同士が、お互いに与えあう人間関係のストレスもあります。

仕牡もできないのに偉そうな上司、何を考えているのかわからない同僚、挨拶もろくにできない部下。

周囲の人だちとの人間関係が大きなストレスだという人はたくさんいます。

こうしたストレス下ではビタミンを消耗してしまいます。

また亜鉛などのミネラルは、重金属の吸収を妨げてくれるのですが、食事で十分補えません。

現代人には、ビタミンやミネラルの需要が増えているにもかかわらず、現在の食生活を考えると、十分な補給は難しそうです。

現代人が陥りやすい不規則な生活も、少なからず影響を及ぼしています。

人間にはもともとサーカディアンリズム(口内変動)という25時間くらいのサイクルがあります。

1日24時間というサイクルにほぼ等しいサイクルです。そのサイクルでホルモンのバランスを調節することで、全身のリズムや免疫の調節などをしています。

不規則な生活を続けると、ホルモンのバランスが崩れ、免疫がうまく働かなくなります。

風邪をひきやすくなり、しかも一度ひいたらなかなか治らないというパターンになりがちなのです。

では、いつたいどうすればいいのでしょうか。

十分にミネラル処理された土壌からとれる、力のある作物を摂ることが望ましいのですが、実際に毎食そういう作物を食卓に並べることは難しいでしょう。

農薬や化学肥料を使った土壌から、まだ熟す前に収穫された作物には、十分な栄養素が含まれていません。

輸送中や店に陳列している間にも栄養素は失われますし、調理の仕方によっても失われます。

こうしてわれわれの口に入る作物には、日々の活動に十分な栄養素が含まれているとはいいがたいのです。

そこで、足りない栄養素をサプリメントで補うことも現実的には必要になつてきます。

また、ジャンクフード(スナック、清涼飲料水、ファストフードなど)にはカロリーは豊富でもそのカロリーを利用するだけの微量栄養素が不足しているので、そういうバランスの悪い食べ物をできるだけ避けることも必要です。

トクホ制度は効率的か

supplement

トクホに許可されている健康機能には以下のようなものがあります。

1.整腸作用(オリゴ糖、食物繊維、乳酸菌)

2.血清コレステロール濃度の低下作用(食物繊維、大豆タンパク質)

3.血圧調節作用(配糖体、ペプチド)

4.血糖上昇抑制作用(食物繊維)

5.鉄の吸収促進(ヘム鉄)

6.カルシウムの吸収促進(CCM、ペプチド)

7.口腔内発酵の抑制による虫歯の発生抑制(代替甘味料、糖アルコール)

8.食後血中中性脂肪の上昇抑制、体脂肪の付着抑制(ジアシルグリセロール)

以上のようなトクホで許可されている健康表示をみると、トクホで摂らなくても、まさに通常の自然食品で摂った方がよさそうなものばかりです。

コレステロールが気になるのでしたら、水溶性食物繊維や大豆を摂り、肉類を控えるなど食事の内容に気を配れば済むことです。

2001年4月からトクホの対象が、錠剤やカプセルなどの形態のものにも拡大したとはいえ、中心は食品形態のものです。

サプリメントに比べ、摂る量は何十倍にもなるわけです。サプリメントは食事の代わりにはなりませんが、トクホは、食事を構成するある食品(食用油など)に代わるという意味で、食卓そのも
のに影響があるのです。

例えば、次のような新聞記事がありました。

・リンゴ食べて中性脂肪減少(果樹研究所調査)

リンゴを食べると、血液中の中性脂肪が約20%減少し、腸内の「悪玉菌」も減ることが、農業技術研究機構果樹研究所(茨城県つくば市)の調査で分かった。

同研究所は、平均年齢45歳の男女計14人に、リンゴを毎日1個半から2個を、3週間食べ続けてもらい、その期間と前後2週間の血液と便の状態を比較してみた。

その結果、うち12人で体の中性脂肪が平均で21%減少。中性脂肪が多い人ほど減少の幅も大きく、正常値に戻す作用があった。

便の分析から、腸内細菌に占める「善玉菌」のビフィズス菌の割合も15%上がったとしている。

(読売新聞)

このように、食べ物そのものに対する研究と情報を充実させていく方が、資源の無駄使いを防ぎ、自然な食卓を確保し、国民の健康を維持する確実で効率的な道ではないでしょうか。

ただし、食べ物の健康に対する効果は、産地や栽培法、品種、収穫時期、調理法などに左右されます。

ここに、成分が均一な製品ごとに個別審査して、健康表示を許可するというトクホの意義があります。つまり、製品ごとのばらつきが少ないというメリットがあるのです。

そこで現在、製品ごとに許可している方法を、成分ごとに許可する規格基準型にして、ある成分が一定値含まれていれば、健康表示を認めるというようにすれば、より効率的なトクホになる可能性があります。

特定保健用食品(トクホ)とは何か

supplement

旧厚生省は、食品成分の健康機能に適切な科学的根拠のあるものについては「健康表示」(「保健の用途と効果の表示」)を許可することとし、1991年に栄養改善法を改正して、「特定保健用食品」(以下トクホ)制度をスタートさせました。

そして2001年4月からは、「栄養機能食品」とともに「保健機能食品」の仲間入りをしたというわけです。

勘違いしやすいのは、トクホ制度は「食品そのもの」に対する許可ではなく、単に「食品の表示」に関する許可制度だということです。

この製品は、「血清コレステロールを調節する」「血圧を調節する」「お腹の調子を整える」「カルシウムの吸収をよくする」などの表示をしてもよいと許可されたということなのです。

栄養機能食品が、栄養素の量が基準値内にあるだけで、「栄養機能食品」と名乗れる規格基準型なのに対して、トクホは、製品(食品)ごとに審査を受けて許可される個別審査許可制をとっています。

この制度では、単に機能成分が入っているだけではなく、実際に医薬品の開発に近いヒト臨床試験を行って、食品を摂取して体調を調節する効用があることを科学的に立証することが、許可を受けるために必要です。

しかも許可申請資料として、日本人を被験者にしたヒト臨床試験を原則的に義務づけています。

例えば、血圧の上昇を抑える健康機能をもつ食品であれば、実際に血圧が高めの日本人に一定期間食べてもらい、検査をして、どの程度血圧に変化があるかを調べ、きちんとその有効性が確認されなければなりません。

そして、申請資料に基づいて国で審査され、その食品の健康機能効果が科学的に証明されて有用性が認められた食品に「特定の保健の用途または効果表示」、つまり「健康表示」が許可されます。

サプリメントの基準値

supplement

サプリメントの基準値は、今までの所要量と比べれば、一歩進んだといえそうです。

所要量は、欠乏症にならないためのI目の必要量が基になっています。

一方で、アメリカでは、いくつかのビタミンに関しては、その何倍もの1日量を含むサプリメントがふつうです。

その考え方は、オプティマル・ヘルス、つまり最適な健康状態のための量を消費者に提案しているということができます。

今回の基準値は、所要量とアメリカの標準的なサプリメントの1日量との中間をとり、同時に過剰症を防ごうとしたものと理解することができます。

現実的な量としては、欠乏症を防ぐが、オプティマル・ヘルスには至らない量ということになるでしょう。

しかし、いずれにしても、それらの1日量は、精製ビタミン・ミネラルの量です。

食べ物あるいは濃縮など無精製の状態で摂ったときの量とは違うことに注意してください。

無精製状態の栄養素群は、精製栄養素ぼどの量を必要としません。精製栄養素で摂ろうとするから、メガビタミンに代表されるように、例えば1日10何mgものビタミンCが必要になることがあるという主
張がされるのです。

食べ物あるいは食べ物状態の無精製ビタミン・ミネラルで摂れば、オプティマル・ヘルスのために摂るにしても摂るべき量は少なくてすむので、自然と摂りすぎによる害は防げます。

もうひとつの問題点は、この「栄養機能食品」ばかりになってしまうと、他の多様な製品が日本の市場からなくなってしまう恐れがあることです。

今回定められた基準値内に入らないからといって、役に立たないとはいえません。むしろもっと役に立つ可能性もあります。

こうして日本のサプリメントが画一化してしまうと、満足できない消費者は、ますますアメリカから個人輸入をするようになるでしょう。

アメリカには多種多様なサプリメントがあります。消費者は、書籍や専門家の意見を参考にして、自分に必要なサプリメントをその多種多様な中から選べるのです。