そもそもサプリメントとは何か

サプリメントとは。英語のSupplementのことで、正確にはDietary Supplement、つまり食事を補うもの、補助食品という意味です。

1994年にアメリカで成立したDSHEAでは、サプリメントは、ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等の栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品と定義されています。

サプリメントの形状は錠剤、カプセル、粉末、ソフトシェル、シェルカプセル、液状などで、通常の食べ物の形以外のものとされています。

食品や医薬品とははっきり区別された「サプリメント」という新しい分類ができたのです。

日本では、栄養補助食品とか健康食品とか呼ばれていましたが、最近はサプリメントという、呼び方が定着しつつあります。要するに、クスリ以外で何か栄養素を補うもので、明確な食品形状以外のものを指します。