クスリと併用してもいいのか

supplement

サプリメントをクスリと併用する際には、十分に気をつけなければなりません。

病院から何らかのクスリが出ていて、治療中の場合は、担当医師に確認することが必要不可欠です。

個々のケースについては、担当医師に相談していただくことを前提に、参考としていくつかの例を挙げます。

薬局で買えるようなポピュラーなクスリからみてみましょう。

風邪薬や利尿作用のある漢方薬などは、ビタミンやミネラルを体の外に排泄しやすくするので、むしろビタミンやミネラルの需要量は増えます。

特に、よく解熱・鎮痛斉リとして使われるアスピリンは、ビタミンCを通常量の何倍か体外に排泄しやすくしてしまいます。

また、下剤は脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)とカリウムなどのミネラルの吸収の邪魔をして、体外に出してしまいます。

胃薬も消化・吸収に影響を与えます。

では具体的にはどうしたらいいでしょうか。

例えば、風邪のときに、風邪薬とビタミンCを一緒に飲むのではなく、風邪のひきはじめに、ビタミンCの摂取量を増やせば十分だというのが、私の考えです。

日頃から食事に気を使い、ビタミンやミネラルの補給をこころがけ、必要もないのに、やたらとクスリを飲まないのが賢明です。

しかし、必要があってクスリを使っている方もいますので、次回以降、パターン別に、いくつかの例を挙げましょう。