サプリメントにはどんな種類があるか

サプリメントには、実にさまざまなものがあります。

具体的には、ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ駿、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などの糖類、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA (ドコサヘキサエン酸)といった脂肪などです。

これらは人きく2つのカテゴリーに分けられます。すなわち、日常的に摂るべきものと、状況に応じて摂るべきものの2種類です。

日常の食品で摂れるはずのものは、サプリメントとしても日常的に摂っていいはずです。

これに対して、日常の食品としてまずは口にしないものについては、サプリメントとしても状況に応じて摂っていけばいいのです。

日常の食品で摂っているものには、ビタミン、ミネラル、糖類、脂肪、アミノ酸、食物繊維、乳駿菌、フラボノイド、ポリフェノール、カロチノイドなどがあります。

一方、日常の食品で摂っていない栄養素としては、ハーブを中心としたものがあります。

以降簡単にそれぞれの栄養素についてみてみましょう。