サプリメントのラベルの原材料名欄

supplement

サプリメントは、日本では食品の分類に入りますので、ラベルには、成分表示欄と原材料名欄とがあります。

原材料名欄には、添加物も含めて、使われた原材料が多い順に記載されています。

ここにビタミンCなどビタミンそのものの名前があれば、それは精製された栄養素です。

正確にはそれが合成か天然かまではわかりませんが、合成のことが多いようです。

ニンジンカロチン、抽出カロチンなどと書かれていれば、食べ物などから抽出された栄養素です。

食べ物自体が使われている場合は、食べ物の名前、例えばニンジン、アセロラなどとなります。

添加物も原材料名欄にありますが、少し予備知識が必要です。

甘味料、着色料は、その名の通り、甘くしたり、色をつけたりする添加物だということがわかりますし、実際何を使ってあるのかも、「甘味料(キシリトール)」のように書いてあるのでわかります。

しかし、香料、乳化剤、光沢剤などは今ひとつピンときませんし、何が入っているのかもわかりません。

これは「一括名表示」といって、何のために使ったのかということ以外は示さなくていいことになっているからです。

何を使っているのかわかるように、物質名で表示してある良心的なメーカーもあります。

また、表示自体を省略できるものとして、栄養強化剤として使われたビタミン類、ミネラル類、アミノ酸・核酸類があります。

これらは使っていても書かなくていいのですが、最近の傾向として、ビタミンやミネラルのイメージがいいためか、省略せずに書いてあることが多いようです。