サプリメントの添加物とは(錠剤の場合)

supplement

そもそも添加物を使用しないサプリメントはあり得ません。

錠剤のサプリメントには、錠剤にするための添加物が必要になります。最低限、結合剤、滑剤、光沢剤がなければ錠剤になりません。

・結合剤

結合剤は、粉末状の材料に粘り気をもたせて、粒としてひとつにまとめる役割をします。よく使われるものに、セルロース、レシチン、ソルビトールなどがあります。

日本では、乳化剤、増粘剤と表示してあることもあります。

乳化剤など一括名表示の場合は、何が使われているのかわからないので、気になる人は、メーカーに問い合わせるといいでしょう。

・滑剤

錠剤を成型するときには、鋳型に入れて形を整えるのですが、その鋳型にくっつかずに、すんなり取り出せるようにするために、材料を滑らかにするのが滑剤です。

脂肪酸、炭酸マグネシウム、二酸化ケイ素などがあります。

・光沢剤(コーティング剤)

錠剤は表面がざらざらしていると飲みにくいので、その表面を滑らかにするために使います。

また、表面をコーティングすることで、錠剤を湿気や酸化から守ります。日本では、物質名の表示が免除されているので、「光沢剤」としか表示されていないことがあります。

石油を原料としたマイクロクリスタリンワックスやパラフィンワックス以外は、植物や昆虫からとれる天然樹脂が主体になります。

表面のコーティングに使うだけなので、微量ですが、あえて石油系のものを口に入れたくはないでしょう。

以上の3つが錠剤にするために、最低限必要な添加物です。

安全なものを必要最低限の使用ならさほど気にすることはありませんが、アレルギーや化学物質過敏症の人は、サプリメントといえども注意が必要です。

さて、添加物には他にも甘味料、香料、着色料があります。これらは、錠剤をつくるために必要なわけではなく、味をよくしたり、見た目をよくしたりという目的で使いますので、噛んで食べるチュアブル・夕イプのものに使われることが多くなります。

余計な添加物を摂りたくない人は、飲み込むタイプの錠剤を選べばいいでしょう。