サプリメントの基準値

supplement

サプリメントの基準値は、今までの所要量と比べれば、一歩進んだといえそうです。

所要量は、欠乏症にならないためのI目の必要量が基になっています。

一方で、アメリカでは、いくつかのビタミンに関しては、その何倍もの1日量を含むサプリメントがふつうです。

その考え方は、オプティマル・ヘルス、つまり最適な健康状態のための量を消費者に提案しているということができます。

今回の基準値は、所要量とアメリカの標準的なサプリメントの1日量との中間をとり、同時に過剰症を防ごうとしたものと理解することができます。

現実的な量としては、欠乏症を防ぐが、オプティマル・ヘルスには至らない量ということになるでしょう。

しかし、いずれにしても、それらの1日量は、精製ビタミン・ミネラルの量です。

食べ物あるいは濃縮など無精製の状態で摂ったときの量とは違うことに注意してください。

無精製状態の栄養素群は、精製栄養素ぼどの量を必要としません。精製栄養素で摂ろうとするから、メガビタミンに代表されるように、例えば1日10何mgものビタミンCが必要になることがあるという主
張がされるのです。

食べ物あるいは食べ物状態の無精製ビタミン・ミネラルで摂れば、オプティマル・ヘルスのために摂るにしても摂るべき量は少なくてすむので、自然と摂りすぎによる害は防げます。

もうひとつの問題点は、この「栄養機能食品」ばかりになってしまうと、他の多様な製品が日本の市場からなくなってしまう恐れがあることです。

今回定められた基準値内に入らないからといって、役に立たないとはいえません。むしろもっと役に立つ可能性もあります。

こうして日本のサプリメントが画一化してしまうと、満足できない消費者は、ますますアメリカから個人輸入をするようになるでしょう。

アメリカには多種多様なサプリメントがあります。消費者は、書籍や専門家の意見を参考にして、自分に必要なサプリメントをその多種多様な中から選べるのです。