栄養機能食品とは?

2001年4月からスタートした保険機能食品制度によれば、保健機能食品には2種類あります。

1日の摂取量が基準値内にあれば名乗れる「栄養機能食品」と、個別に国の審査を受けて「健康表示」が許可される「特定保健用食品」です。

最近、サプリメントの広告で、「栄養機能食品」という表示を目にした方も多いと思います。

あるマルチビタミンを例にとると、2001年以降、「栄養機能食品」と表示されるようになりました。

今までとどう違うのかというと、成分自体の中身や品質が変わったわけではなく、1日の摂取量を定められた基準値内におさめただけで、「栄養機能食品」という冠がついたということです。

前述の保健機能食品制度によって、市場に出回っているいわゆる「健康食品」の摂りすぎによる害を未然に防ぐために、政府はビタミン12種類とミネラル2種類に限り、1日の上限値と下限値を設け、その基準値内におさまる製品を[栄養機能食品]として、ある一定の機能表示も認めました。

決められた機能表示をするからには、一定の注意喚起表示をする義務があります。

「栄養機能食品」と名乗るためには、1日の摂取量が基準値内に入ってさえいればよく、国の審査を受ける必要はありません。

また、1日の摂取量が基準値内にあるからといって、「栄養機能食品」と名乗る義務はありませんが、消費者に対して、ある一定の効能を示せるし、「栄養機能食品」という名前までつけられるので、積極的に表示するメーカーが多いようです。

Comments are closed.