潜在的ビタミン欠乏症・古典的欠乏症と欠乏の段階

supplement

現代のようにもののあふれた時代に、ビタミンの欠乏症なんてあり得ないと思っている人も多いでしょう。

しかし、さまざまな社会的、環境的要因でビタミンやミネラルは失われているのです。ビタミン不足にも程度があります。脚気(かっけ)や壊血病(かいけつびょう)など、重度のビタミン欠乏症は、放っておくと死に至ります。これらはビタミンの発見のきっかけになった病気で、いわば「古典的」欠乏症です。

このような重い症状に至るまでのビタミン欠乏を、M・ブリンは5段階に分けました。

第1段階

組織中のビタミンの蓄積が減り、尿への排出量も減る。

第2段階

生化学的な段階で、ビタミンを必要とする酵素の働きが低下。

ビタミンには、体の中で行われる化学反応の仲介をする酵素を補う補酵素としての役割がある。

例えばビタミンB1の量が不足すれば、赤血球の中のトランスケトラーゼという酵素の働きが悪くなる。

逆にいえば、ビタミンB1の潜在的な不足はこの酵素の働きを測定すればわかる。

しかしこの段階では、まだ症状として何も現れないので、病院でトランスケトラーゼの検査を受ける機会はまずない。

第3段階

不眠、眠気、いらいら、食欲不振など生理学的な症状が現れる。また、胸痛・腹痛、人格の変化、原因不明の発熱、下痢、慢性疲労、夜間によく汗をかくという症状のことも。

この段階で、やっとビタミン不足が症状として現れるが、それぞれの症状からどのビタミンが不足しているかまではわからない。

つまりこの段階では、ビタミン欠乏が疑わしくとも、一通りのビタミンの検査をしないと、どのビタミンが欠乏しているのかわからない。

第4段階

この段階になると、症状は臨床段階になり古典的欠乏症のいろいろな症状が現れる。

RDA(推奨1日摂取量)が基礎にしているのはこの段階。この段階になって、やっと病院でも特定のビタミンの検査をすることになる。

第5段階

最終段階。体のダメージもひどくなり、そのまま放っておくと死亡する。

これら5段階のうち第3段階までは、ビタミンの「潜在的」欠乏と呼ぶべきもので、今まで問題にされなかった状態です。

第3段階で症状が出はじめますが、病院に行っても、通常の検査ではどこも悪いところは見つからないのですから、気のせいとか精神的な問題にされてしまい、ビタミン不足を疑うということはまずありません。

例え医師がビタミンの不足を疑ったとしても、ただ単にビタミンの血中濃度を測定しただけではあまり意味がありません。

ビタミンは、適切な場所で適切に働いているかどうかが重要なので、血液中にどのくらいあるかという数値にあまり意味はないのです。

ビタミンB1なら赤血球の中にある酵素(トランスケトラーゼ)の働きを調べなければ、その潜在的な不足はわからないのです。

第3段階で現れる不眠、眠気、いらいら、食欲不振などは、現代人にはおなじみの症状です。こうしたおなじみの症状で第3段階の欠乏が疑われるのですから、第1、第2段階を含めた潜在的ビタミン欠乏症の人
は相当多数いると推測できます。

パニック障害と診断され、治療を受けていた患者が、実はビタミンB群の潜在的な欠乏症で、ビタミンB群を与えることで、劇的によくなったという例が報告されています。

このように、別の病気と診断され、治療を受けていた人が、実は単にビタミンの潜在的欠乏症だったということもあるのです。